石川塗装株式会社

茨城県知事許可(般-20)第032498号

〒314-0121茨城県神栖市溝口4873-377

TEL 0299-96-4701

​FAX 0299-94-3533

​携帯  090-3349-9501

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。 

初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。 

防水工事

 

防水工事は、なぜ必要か?

特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になってきます。
漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。

その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。

防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。

防塵塗装とはどのようなものか

 

外壁の劣化には紫外線が当たることによる劣化や雨風にさらされることによる劣化などがありますが、雨が付着したところに砂やホコリなどといった小さなものが付くことによる劣化もあります。

砂やホコリなどが付着するさいには少しずつキズをつけていることが多くあり、それが蓄積することによりキズが広がったり深くなっていって外壁を傷つけ劣化させる原因になってしまいます。

そのように砂やホコリなどが付着することを防ぐものが防塵塗装であり、外壁の傷つきや劣化を防ぐ機能を持っています。

 

防塵塗装のメリット・デメリット

 

 

防塵塗装は塗膜の強度は強くないデメリットがありますが、耐久性や耐磨耗性が強く密着力に優れるという機能があります。
また他の溶剤型の塗料よりも乾燥する速度が早いため、塗装工事を早く終わらせたりしたい場合に使用することで工事期間を短くすることができます。

工事期間を短縮することができるため経済的でもあり、塗膜が損傷したりした場合にもすぐに修理を行なうことができます。
そして塗装して以降のメンテナンスで費用を軽減できる特徴もあり、とても便利な塗料になります。

 

どのような場所で使用するのか

 

塗装を行なう場合には外壁や屋根などに塗料を塗っていくことが一般的になりますが、使用する塗料によっては外壁や屋根に使用できないものもあります。
そのため塗料の種類によっては使用できる箇所が限られてくるものがあり、その一つに防塵塗装があります。

防塵塗装は砂やホコリをつきにくくするという特徴がありますが、これを塗装することで下地の風化を防ぐとともに下地から出るほこりなどを出さないようにしています。
このようなことから防塵塗装は主に床面を塗装する塗料であり、コンクリートやモルタルなどに塗装するときに使用します。
住宅などでは、車庫やベランダなどで利用することが多くなります。